こんな運転手に注意!よくある困ったタクシー3選

道をまったく理解していない!

様々なタイプのドライバーが働いているタクシーの世界には、ちょっと困ってしまうドライバーの方も多くいます。そんな運転手さんに振り回されないために、よくある失敗例を紹介します。タクシーに乗車する際は気をつけましょう。まずは、まったく交通ルートを知らないドライバーです。最近ではカーナビを搭載したタクシーが多いですが、混み合わないルートを駆使して、少しでも早くたどり着くように工夫してくれるのが優秀なドライバーです。しかし中には、常にカーナビ頼りで、渋滞に巻き込まれても平気な顔で運転するドライバーがいます。到着時間が遅れそうになる場合は、早めに見切ってこちらから道順を指示しましょう。

高齢過ぎて運転の安全性が不安!

続いての失敗例は高齢者のドライバーが運転するタクシーです。個人タクシーのドライバーに多いのですが、あまりにも高齢で、運転の仕方にも危うさを感じてしまうドライバーが稀にいます。近年でも、高齢者による運転事故が増加しています。法律上はタクシーの営業ができても、乗っているこちらとしてはやはり不安になりますよね。万が一のことも考えてあまりにも運転がぎこちない場合は、早めに下りて、他のタクシーの乗り換える方法も1つの方法ですよ。安全に目的地にたどり着けて初めて役立つのがタクシーなので、危険な思いをしてまで我慢する必要はありません。

聞いてもいないのに次から次に話しかけてくる!

最後に紹介するケースは、過剰なコミュニケーションをしてくるドライバーです。明るい性格で、車内の雰囲気を盛り上げたいのはわかりますが、こちら側が疲れて寝たい時に話しかけてこられると、非常に困りますよね。このようなドライバー、こちらの体調や、疲れに気づいていない事が多いので、この場合はっきりと静かにしてほしい旨を伝えましょう。静かにしてほしいとお願いしてるのに話しかけてくることはほぼないので、安心して下さいね。

大企業の重役を送迎するために、運転手の派遣のサービスの依頼件数が増えており、具体的な専門業者のサポートの内容を比較することが重要です。