あなたの休憩の仕方は大丈夫!?仕事の効率を上げるやり方

仕事の合間に取る休憩の効果

仕事をしているときにはできるだけ他のことに使用する時間を少なくしたほうが、仕事の作業時間により多く使うことができそうですが、休憩を全然取らないと、仕事に集中できなくなってしまい、ミスが起きやすくなるでしょう。そのため、休憩時間を取り入れたほうが仕事の効率が上がりますが、ただ休憩時間を長くしただけでは、仕事の作業時間が減ってしまったり、上手に体を休められないことがあるので、どのように休憩をとるか考える必要がありますよ。

ある程度仕事をしたら休憩をはさむ

仕事の合間に休憩時間を1回長く入れた場合は、長く休めそうですが、一度に長く休んでしまうと労働時間を減らすだけでなく、休憩中に特にやりたいことがなければ時間を無駄にしてしまったり、休みすぎてしまって仕事への気持ちの切り替えがしにくくなることもあります。そのため、90分くらい仕事をしたら休憩時間を少し取るようにしていったほうが、集中力が途切れずに効率よく仕事ができるでしょう。ただし、仕事がスムーズに進んでいるときはそのタイミングで休んでしまうと、効率が落ちることがあるので、疲れていなければ休憩のタイミングを変えることも大切ですよ。

休憩中に何をするかも大切

休憩中に携帯などを使って、ゲームをすると時間をつぶしたり、自分の好きなことができますが、夢中になりすぎると仕事中にゲームをすることを考えてしまうこともあり、仕事の効率が低下するのでできるだけ休憩中でもゲームは控えたほうがいいでしょう。また、脳の動きをよくするために糖を含むお菓子を食べたり、体を軽く動かすのも気分転換になるでしょう。そして休憩中は仕事のことを考えていると気持ちが落ち着かなくなるので、少しの時間でも仕事のことは一度忘れて上手に休憩しましょう。

ワークフローとは、電子化された書類を、前もって決定しておいた作業の決済手順によって、収集・配信を行う決済処理のことをいいます。企業内などでの効率化や、内部の情報伝達や命令をより統制する狙いがあります。