人に見られたくないものは隠しておきましょう!

インターネットでの情報漏えい!

今社会問題になっているのが、インターネットで流れてしまうことがある個人情報です。インターネットは非常に便利だということは、誰の目から見ても明らかですよね。しかし、インターネットショッピングを利用する時は、預金カードの暗証番号を入れたりする際のキュリティー対策も万全でなくてはなりませんよ。利用するサイトが安心できるサイトかどうかは個人の判断となります。また使用しているパソコンにウィルス対策用のソフトがインストールされている必要もあります。ニュースでもよく報道されている情報漏えいについての知識なども高めておくべきです。

自分の部屋は見られていないか?

誰にでも「秘密」にしていることや物がありますよね。そういう物の管理を厳重に行うことで、プライバシーを守ることができます。カーテンのない部屋だったりすると、その部屋の情報が外から丸見えになってしまいますよ。毎日決まった時間にしていることが、外部に知られてしまえば、行動パターンから時間を合わせることができますので、犯罪者に狙われやすくなってしまいます。犯罪に巻き込まれないようにするためには、カーテンを遮光にしたりする工夫も大切です。

プライバシーを守ること!

プライバシーを守ることは、即ち自分の身を守ることとなります。プライバシーの流出が大きな犯罪の引き金となってしまうことも多いんです。重要なことが書かれているメモ一つとっても、知られては困る内容であれば、厳重に管理すべきなんです。特に人に見られてしまうと困るものは、誰にも分からないように隠しておくと良いですよ。また重要なことが書かれている紙などは、細かく切り刻んで処分するのも常識ですよね。ゴミとして捨てられていた書類から、個人の情報が盗まれてしまうなんていうことも実際にあります。

国内だけでなく国際社会にも機密文書は存在します。例えば妥結される前の条約草案などは機密として扱われ外部に出すことは基本的にありません。