DIYで電気製品の自作に挑戦してみよう!

ものづくりが人気な時代!

高度経済成長期後のバブルな時代を経た現在は、省エネルギーでエコロジーな社会を目指す時代になりました。モノ作りという言葉も10年ほど前から頻繁に使われるようになり、現在では多くの人が趣味だけでなく、会社内でも持つべきスキルとしてもDIYの重要度は高いと言えるでしょう。DIYの意味は「自分でやる」ですが、自分でやってみようというようなチャレンジ精神を持つことは、モチベーションを上げる意味でも非常に大切なことと言えるでしょう。

閃いたら実践しよう!

人類はあらゆる発明をしてきましたが、電気を作り出したことにより、世界中の暮らしが便利になったことは間違いありません。電気によって動く電気製品の種類は数えきれないほどあり、冷蔵庫や洗濯機、テレビにラジオと私たちの暮らしには、どこにでも電気製品を見かけることができます。とても便利な電気製品ではありますが、使っているうちにこうしたい、ああしたいとアイディアが湧くこともあるでしょう。閃いたら是非とも形あるものに作り出したいと思う人が多いのも、モノ作りな時代の象徴と言えます。

部品の調達はこんなお店!

テレビを一から作るには相当な技術が要りますし、専門の知識も欠かせません。しかし、取り付けることで温度を感知したり、時間でスイッチのオンオフを切り替えたりできる部品や製品も売っています。こうした部品やアイディア商品が最寄りのホームセンターに行けば、簡単に入手できるようになっている時代ですから、自作の電気製品を作る人にとってはありがたいのではないでしょうか。既存の電気製品にセンサーやタイマーを取り付ければ、自作の電気製品として評価されることとなるでしょう。

毎日使う電気製品には、プリント基板実装という工程が欠かせません、例えばスマホの中には千個程の部品を使ってますが、専用マシンによりわずか数分で次々と生産されていきます、私達の生活を支える大切な技術です。