展示会の会場準備!気をつけるべきポイント3選!?

パネルの文字の大きさは?!

展示会では、紹介したい商品をパネルに書き、壁に掲げるところが多いでしょう。しかし、パネルの文字が小さく、遠くから見ても、何が書いてあるかわからず、興味が沸かないという理由から、パネルの前に立ち読むという人がすくないのです。最低でも約4メートルほど離れた場所からでも、文字が見える大きさにすると良いでしょ。また、パネルを掲げる壁は白の場所が多いので、パネル自体の背景色を白以にすることで、より注目されやすくなるでしょう。

映像を活用しよう!?

来場している対応のために声をかけずらかったり、うまく紹介したいものについて説明出来ないという口下手な人もいるでしょう。そんな時に役立つのが、映像なのです。音声や音楽を流してはいけないという、主催者側の規定がなければ、音声付きの方が、より来場者に伝わりやすく、興味を持ってもらえるでしょう。また、長くこだわった映像を制作する必要はなく、より広く認知されたい紹介ポイントや興味の湧きそうな部分のみを収録した短い映像を何度も流せば良いです。

商品の実物を用意しよう!

紹介したい商品は出来る限り実物を用意しておくと良いでしょう。大きすぎるものや、展示会に持ち込むのは危険なものなどは避けた方が良いですが、手に取ってわかるものならば、実際に触れることで、商品の良さやサイズなどが適切に、来場者に伝わります。また、実物があるだけで、ない時のコミュニケーションと比べると、より具体的なポイントについてのコミュニケーションが来場者と取ることができるしょう。実物を見た感想を来場者から聞けることで、売り込みだけではなく、これからの商品への課題を知ることにもつながります。

展示会の施工を依頼するにあたり、実績のある業者に任せることで、スムーズに手続きを取ることが出来ます。