カッコよさだけではうまくいかない!本当に大切な起業のコツ

起業するときの会社形態

起業しようと思っている方の多くは、会社を設立しますが、実際に日本では株式会社以外の会社もあります。そもそも、日本の会社法では、準拠法主義をとっているため、法律に則った手続きで法律上規定がある会社しか作ることができません。会社法上規定されている会社には、株式会社、合名会社、合資会社、合同会社があり、現在、有限会社制度は廃止されているため、有限会社を作ることはできません。そのため、この4つの種類から選んで会社を設立することになります。

実際に株式会社を作るのって本当に安いの?

多くの人は、起業をする際に株式会社を作ります。というのも、近年法改正がされて株式会社の資本金の最低限度額の1000万円の規定が削除されて、株式会社の設立が容易になったことが大きな原因です。しかし、株式会社を作るのに1万円でくらいの費用でも可能になったのかというとそうではありません。定款認証の費用や登記申請にかかる費用を合計すると約20万円ぐらいはかかります。1000万円に比べると確かに安いですが、数万円程度でできるというのは誤りです。

起業をするために大切なこと

このように株式会社形態を選ぶにせよ、ほかの会社形態を選ぶにせよ重要なのは、会社形態ではありません。とりあえず、かっこいいから会社にしてみようなどという発想をすると実際の事業執行がうまくいかず、途中で会社を清算しなくてはならなくなってしまいます。重要なのは、起業をする際には、しっかりとした事業経営を行うことができる地盤がためをすることです。例えば、継続的な取引ができるクライアントを持つことや仕入れ先をしっかりつくることが起業してからの成功に役立ちます。

フランチャイズは自分で事業を始めるにあたり、有名チェーン店がビジネスのノウハウを指導してくれるシステムです。初期費用は必要になりますが、有名店のブランド力、集客力の恩恵を受けることができます。